MENU
※パソコンからご覧になられている方の中で画面が文字だけの場合、サイトデザインに対応できておりません。
その場合はお手数ですが【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で検索しスマートフォンでご覧ください。きっと役立つコンテンツ載せてます(^^
月別の医療・医薬品業界のニュース見出しに戻る

ニュース

調剤薬局の薬剤師に役立つ情報

あの日あの時あの月に、何があったかを思い出すためのページ【医療業界ニュース備忘録】

 

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 

 

11/1

自主回収情報

 

クラリスロマイシンDS10%小児用「日医工」一部自主回収

 

ケナログ軟膏販売中止のお知らせ

 

■ケナログ口腔用軟膏 0.1%(医療用医薬品)2g包装、5g包装ともに

 

■ケナログ A 口腔用軟膏(一般用医薬品)

 

2018年6月を目途に販売を中止予定

 

医療用医薬品は2019年3月末経過措置期間満了予定と発表

ハリケーンマリアの影響

 

ファイザー株式会社製品のセララ錠、ザイボックス錠、ジスロマックSR成人用ドライシロップの供給体制に影響が見られた。

 

 

https://pfizerpro.jp/

 

医療の広告規制拡大について

 

特定の医療機関に誘導する意図のある医療機関外部者運営のWEBサイトもテレビCMや看板などと同様に広告規制の対象とする事が決まる。

 

2017年度中に規制範囲の細部を定め、改正法は2018年6月中旬までに施行予定。

 

業務停止処分

 

向精神薬、抗生物質、漢方薬などを知人や販売することができない業者などに販売した兵庫県の医薬品卸販売業者

 

2014年1月から2017年5月の間に100品目以上、500回以上違法に譲渡とのこと

 

ヒルドイド処方制限

 

厚生労働省

 

疾患に応じて1回の処方量に制限をかけるべきかなど議論が始まった。

 

年末までに結論を出す方針。

 

 

雑誌やインターネットで美容クリームなどと紹介されていた問題、近年は女性への処方量も増えていた。

 

しかし大量の保湿薬が必要な患者様もおり留意する必要がある項目。

 


 

11/2

薬局を狙った窃盗事件

 

調剤薬局を狙った窃盗事件

 

大阪府内で今年8月から薬局を狙った窃盗事件が29件目で、医療用麻薬の窃盗も発生

 


 

11/3

文化の日

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

11/4

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

11/5

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

11/6

新医薬品の14日間処方日数制限の見直しについて

 

 

http://www8.cao.go.jp/

 


 

11/7

 

 

 


 

11/8

第21回医療経済実態調査報告

 

職種別常勤職員1人平均給料年(度)額ほか

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

 

保険者調査報告

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

処方箋なしで医療用医薬品を販売

 

チェーン薬局の千葉県店舗にて、

 

2014年8月から2017年7月までの期間に、当時の管理薬剤師が自費診療と処理し、処方箋なしで23人に医療用医薬品を販売していたと同社発表

 

健康食品の流通規制に関して

 

厚生労働省は食品衛生法改正懇談会にて、

 

健康食品の流通規制強化すべきとの報告書を提示。

 

・GMPの義務化など。

 


 

11/9

 

 

 


 

10

第6回医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会

 

第6回医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会が開かれた

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

 

中央社会保険医療協議会総会(第369回)

 

在宅医療について

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

 

平成28年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成29 年度調査)

 

かかりつけ薬剤師の評価に関する調査報告書

 

P27 かかりつけ薬剤師の人数等
P48 かかりつけ薬剤師に関する取組状況等
P48 @かかりつけ薬剤師指導料等の同意患者数等
P49 かかりつけ薬剤師指導料等の算定患者数等
P50 かかりつけ薬剤師指導料等の算定患者数と年齢構成割合
P51 かかりつけ薬剤師包括管理料を算定する上で連携している医療機関数
P52 かかりつけ薬剤師指導料等の施設基準要件をすべて満たしているが、かかりつけ薬剤師としての届出をしていない薬剤師の有無とその理由
P53 Eかかりつけ薬剤師指導料等の届出をしていない理由
P54 Fかかりつけ薬剤師指導料等の届出に関する今後の予定・意向
P54 Gかかりつけ薬剤師に対する評価の影響・効果等
P87 @かかりつけ薬剤師指導料等の同意状況
P147 (4)かかりつけ薬剤師についてのお考え等
P147 @かかりつけ薬剤師の有無
P149 Aかかりつけ薬剤師がいてよかったと実感した経験
P153 Bかかりつけ薬剤師について重視すること
P157 Cかかりつけ薬剤師について最も重視すること
P161 Dかかりつけ薬剤師についての意向

 

 

在宅に関する調査報告書

 

P41 A在宅患者訪問薬剤管理指導料の1年間の算定回数
P42 B居宅療養管理指導費の1年間の算定回数

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

11

 

 

 


 

12

 

 

 


 

13

 

 

 


 

14

世界初のデジタルメディスンの承認

 

大塚製薬が米国でエビリファイマイサイトの承認を取得

 

錠剤に埋め込んだ極小のセンサーで服薬状況を管理する“デジタルメディスン

 

近年製薬会社の間で活発化している取り組みの一つの様です。

 

・飲み忘れ防止(医療費の削減と薬物治療の効果を最大化)
・新たな付加価値戦略
・センサーは胃液に触れるとシグナルを発する
・身体に貼り付けたパッチ型検出器でシグナルを受信
・専用アプリで管理、服薬状況を把握、副作用のマネジメント
・医薬品と医療機器を一体化した製品
・センサーはそのまま排泄される

 

 

https://www.otsuka.co.jp/

 

参照:他社の動き

 

・エーザイ株式会社:服薬支援機器【eお薬さん】
・中外製薬株式会社:抗がん剤の適正な服薬を支援するアプリ
・グラクソスミスクライン:喘息・COPD治療薬の服薬管理【スマート吸入器】
・ノバルティス:喘息・COPD治療薬の服薬管理【スマート吸入器】
・イーライリリー:スマートフォン連動型のインスリン注射器

 

など

 


 

15

スイッチOTC薬の候補の評価

 

厚生労働省
医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議

 

7月26日審議の続きが行われた。

 

◆ヨウ素・ポリビニルアルコール(眼の殺菌・消毒・洗浄)・・・スイッチOTC化妥当と判断

◆リザトリプタン安息香酸塩(偏頭痛薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆スマトリプタンコハク酸塩(偏頭痛薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆エレトリプタン臭化水素酸塩(偏頭痛薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆ナラトリプタン塩酸塩(偏頭痛薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆ゾルミトリプタン(偏頭痛薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆クリンダマイシンリン酸エステル(にきび薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル(湿疹)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

◆レボノルゲストレル(緊急避妊薬)・・・現状スイッチOTC化不可の判定

 

 

参考))7月26日審議の内容

■ヒアルロン酸ナトリウム(ドライアイ・角膜保護など)・・・スイッチOTC化妥当と判断
■レバミピド(胃粘膜病変の改善)・・・スイッチOTC化妥当と判断
■メロキシカム(関節痛・腰痛・肩こり痛)・・・スイッチOTC化妥当と判断
■フルチカゾンプロピオン酸エステル(花粉による季節性アレルギー症状の緩和)・・・スイッチOTC化妥当と判断

 

■レボノルゲストレル・・・現状スイッチOTC化不可の判定

()内は要望する効能・効果

 

 

審議は続く

 

 

http://www.mhlw.go.jp/file/

 

 

第3回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会

厚生労働省による報告

 

2017年10月31日時点での健康サポート薬局の届出数
567軒と発表

 

最多
1、大阪59軒
2、東京51軒
3、埼玉32軒
4、和歌山27軒
5、神奈川26軒

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

16

秋の行政事業レビュー

 

政府
行政改革推進会議

 

11月14日〜11月16日までの日程で秋の行政事業レビューを開催

 

16日に調剤技術料の予算の無駄について検証・議論した。

 

 

会議側

 

・薬剤服用歴管理指導料と調剤基本料は一本化すべき
・院外処方は院内処方と比べると3倍のコスト、処方箋1枚当たりの差額は2000円と試算
・調剤技術料について一層引き下げの余地があると指摘

 

厚労省側

 

・薬局の業務として疑義チェック、医薬品の備蓄費、ジェネリック医薬品の使用促進、残薬の解消などが院外処方で受け取る報酬の中に含まれている事、医療機関では入院など他に点数が手厚い部分があるなど、薬局と医療機関では比べられない部分があると反論

 

補足データ

 

重複投薬・相互作用等防止加算算定件数
15年度:8万7000件
16年度:27万8000件

 

 

http://www.cas.go.jp/

 


 

17

新規 要指導医薬品情報

 

■エンペシドLクリーム(成分:クロトリマゾール、バイエル薬品株式会社 )
■デリーザLクリーム(成分:クロトリマゾール、佐藤製薬株式会社 )

 


 

18

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

19

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

20

薬局ヒヤリハット事例まとめ

 

日本医療機能評価機構による2016年1月〜12月の薬局ヒヤリハット事例の集計結果の公表があった。

 

 

 

http://www.yakkyoku-hiyari.jcqhc.or.jp/pdf/

10月度薬剤別ディテールランキング

 

エスマックス株式会社による公表

 

https://www.smax.co.jp/

 


 

21

 

 

 


 

22

自主回収情報

 

トフィソパム錠50mg「サワイ」一部自主回収

 

薬価制度の抜本的改革の骨子素案

 

厚生労働省

 

薬価制度の抜本的改革の骨子素案

 

長期収載品の薬価について新たな引き下げルールを導入を検討

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

新規薬価収載品

 

■レバチオODフィルム20mg
■レバチオ懸濁用ドライシロップ900mg
■イブランスカプセル25mg
■イブランスカプセル125mg
■ルパフィン錠10mg
■マヴィレット配合錠
■アラグリオ顆粒剤分包1.5g
■ケブザラ皮下注150mgシリンジ
■ケブザラ皮下注200mgシリンジ
■ベンリスタ点滴静注用120mg
■ベンリスタ点滴静注用400mg
■ベンリスタ皮下注200mgオートインジェクター
■ベンリスタ皮下注200mgシリンジ
■ダラザレックス点滴静注100mg
■ダラザレックス点滴静注400mg
■バベンチオ点滴静注200mg
■エイフスチラ静注用250
■エイフスチラ静注用500
■エイフスチラ静注用1000
■エイフスチラ静注用1500
■エイフスチラ静注用2000
■エイフスチラ静注用2500
■エイフスチラ静注用3000
■ジーンプラバ点滴静注625mg
■レクタブル2mg注腸フォーム14回

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

23

勤労感謝

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

24

厚生労働省による2018年度診療報酬改定の基本方針の骨子案

 

社会保障審議会医療部会、医療保険部会に示した。

 

次回会合で、基本方針案の取りまとめ予定

 

高評価

 

◆地域包括ケアシステム構築、地域の多職種連携

 

◆在宅医療

 

◆かかりつけ薬剤師

 

 

推進

 

◆費用対効果評価の本格導入

 

 

評価再考必要

 

◆対物業務

 

◆門前薬局、敷地内薬局の評価

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

25

トラベルファーマシー構想

 

都内で開催されたグローバルヘルス合同大会にて

 

日本渡航医学会

 

 

渡航前にワクチン接種を受けていた人はわずか。しかし医薬品を携帯していた人は大多数と言う調査より

 

薬局を海外旅行者の健康指導の拠点にし、必要に応じてトラベルクリニックの紹介など、薬局と連携し渡航者の健康指導を進めていきたい考えを示した。

 

 

なお、現在国内のトラベルクリニックは約100施設

 

欧米ではトラベルクリニックの認知度は高いが、日本では認知度が低い

 


 

26

 

2017年11月の薬剤師界隈の出来事

 


 

27

医薬品広告基準の抜本的見直し

 

医薬品広告基準37年ぶりの抜本的見直し。

 

特定の性別や年齢層をターゲットにした表現可能に。

 

広告規制対象の拡大。

 


 

28

 

 

 


 

29

新発売

 

リクシアナOD錠15mg、30mg、60mg新発売

 

マヴィレット配合錠新発売

 

医療機関サイトで紹介されている美容手術前後の写真について

 

10月には原則禁止と決めていたが、美容手術前後の写真について、治療内容や副作用などの詳しい説明があれば掲載容認と方針を変更。

 

個人的な体験談の掲載は禁止。

 

ガイドライン案が示された。

 


 

30

インフルエンザ

 

東京都内で流行が始まった。昨年より1週間遅れ

 

 


 

 

 

 

 

- その他の月のニュース一覧 -

 

 

 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立てるように情報を発信しています!
多忙なお仕事の心強いパートナーを目指しています☆彡

 

 

調剤薬局の薬剤師.com>>


 

よく読まれているページ

調剤薬局の薬剤師の為のサイト