MENU
※当サイトをパソコンから検索しご利用頂く場合は、【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で見つかり易いです。
スマホからの場合はトップページを【ホーム画面に追加】してアプリのようにご活用下さい!きっと役立つコンテンツ載せてます♪アイコンも可愛いよ(^^

和歌山県の調剤薬局の薬剤師の為のページ

和歌山県ウィキペディア

 

仕事に役立つリンク集

和歌山県内の病院検索
和歌山県内の調剤薬局検索
和歌山県労働局労働基準部 労災補償課
労働基準監督署管轄区域一覧
地方公務員災害補償基金 和歌山県支部
県内保健所一覧
全国健康保険協会 和歌山支部
社会保険診療報酬支払基金 和歌山支部
厚生労働省 近畿厚生局
市町村一覧
一般社団法人 和歌山県薬剤師会
和歌山県医師会

薬学部 大学

国公立大学薬学部

なし

 

私立大学薬学部

■和歌山県立医科大学

 

https://www.wakayama-med.ac.jp/
和歌山県和歌山市七番丁25

 

※平成29年4月移転の伏虎中学校の跡地利用、
2021年4月薬学部新設

※2020年12月 当サイト調べ

調剤薬局の薬剤師の為の、地域の情報トップへ戻る

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立つ日本全国各地の情報をまとめています。

 

 

地域の情報トップへ戻る


 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんに役立つ情報をまとめています!
多忙なお仕事の心強いパートナーを目指しています☆彡

 

 

調剤薬局の薬剤師.com


患者様の声 例

薬の事をしっかりと教えてほしい

和歌山県在住
40代女性

 

アレルギー性鼻炎や、子供の病気などで、病院に隣接している調剤薬局をよく利用しています。

 

調剤薬局に希望することは、薬剤師さんは医者ではなく、薬の専門家であるという意識をもってほしいと言うことです。

 

 

 

某調剤薬局でよく聞かれるのですが、

 

「どのような症状ですか?」という質問、

 

いやいや、これはさっき医師にちゃんと話したからって思うんですよね。

 

同じことを調剤薬局で聞かれたくない、というのが本心です。

 

「ちょっと鼻水がとまらなくて…」と答えたとしても、医師が処方した薬を変更できるわけではないはずです。

 

調剤薬局の専門家に求めることは、やはり薬の飲み方です。

 

飲み合わせや、どのようなタイミングで飲んだらいいのか、薬だけのことを医師になかなか聞けないので、そのことをしっかりと教えてくれるとすごく助かります。

 

自分の飲んでいるサプリメントとの飲み合わせなど、ささいなことも気になりますので。

 

そのために症状などを聞いているのであれば、

 

一度病院で同じやり取りを行ってきている事を頭に入れておいて欲しいです。

 

 

 

また、
薬を飲んで少し便が柔らかくなるなど、事前に教えてもらっていれば安心できる事は教えておいて欲しいです。

 

もしそうなった時に不安がないので助かります。

 

 

以前、抗生物質を飲んで下痢気味になったのですが、それが薬のせいなのか、病気のせいなのかわからない時がありました。

 

副作用についての説明もしっかりとしてもらえると安心です。

 

本気で患者が飲み間違えない様に考えている薬剤師さんはおりますか?

和歌山県在住
みさサン・女性

 

うちの父親が最近白内障の手術をしたのですが、種類が多く目薬の使用まちがいで困りました。
(^^;

 

調剤薬局さんがいけないと言う訳ではないのですが・・・、これは注意が必要な内容です。

 

その時思ったのは、絶対薬の使用間違えをしない方法は無いのかなあ?って事です。

 

 

例えば飲み薬などでも、

 

年よりは薬を間違えて飲む人ってとても多いと思います。

 

それを防止する策はないのでしょうか?

 

 

医者としては、処方した薬を飲んでいれば良くなる。という考えだと思いますが、

 

それを医師の意図通りに正しく飲んでいるお年寄りはどのくらいいるのかな?っとふと思います。

 

 

調剤薬局さんでは、本気で患者が飲み間違えない工夫を考えたりされますか?

 

 

例えば、薬と一緒に「食後」や「寝る前」などと書いてある大きなシールを配布するとか、素人の私は思いつきます。

 

 

 

薬の使い間違いは大変なことだと思います。

 

医師→調剤薬局、まではきちんとしてくれていても、

 

その後に使う患者側が適当に飲んでいればまったく意味のないことです。

 

 

調剤薬局の薬剤師さんが本気で患者の服用状況について考えてくれて、素敵なアイデア出してくれることを希望しています。

 

ジェネリック医薬品についてもう少し親切な対応があればなと感じます

和歌山県在住
イシューさん・男性

 

若い頃は病院や薬局のお世話になったことはほとんどなかったんですが、

 

そんな私も現在45歳となり調剤薬局に結構な頻度でお世話になります。

 

私が薬剤師さんこ事で思うのは、ジェネリック医薬品のお勧めや記載についてです。

 

 

ジェネリック医薬品は利用する側の人間からすると、お薬代の節約になるとても便利なお薬です。

 

薬局によって『ジェネリック医薬品を希望ですか?』と直接訪ねられることもあれば、

 

問診表の設問で確認される場合もあります。

 

 

このように、聞いてくれれば良いんです。

 

 

しかしジェネリック医薬品について何も触れない調剤薬局って結構あるんですよね。

 

 

これはほんとやめて欲しいです。

 

 

 

薬の準備が出来上がった後では、

 

あれ?これジェネリックないのかな・・・?っと思ってもこちらからジェネリック医薬品が良いですとは言いにくいです。

 

何となくケチって値切ってるような感じしますし。

 

 

逆の人もいると思います。

 

ジェネリック医薬品じゃない薬が良いのに勝手にジェネリックで用意されると言った。。。

 

自分はジェネリック薬品の確認のない調剤薬局には二度と行かないようにしてます。

 

満足度に対して結構なウエイトを占めるポイントだと思っています。

 

 

 

次にジェネリック薬品の記載についてです。

 

薬をもらった時、その薬についての説明が記載された用紙をもらえます。

 

この用紙には薬品名、用法、どういった症状に効果があるかといったことが記載されてるんですが、

 

ここにこの薬品のジェネリック薬品の有無情報も記載されていると良いと思います。

 

どこかの薬局のこの用紙で目にしたのですが、

 

例えばお薬代が高かった場合、薬剤師さんはジェネリック医薬品のこと忘れてたんじゃないのかとまず考えます。

 

実際ジェネリック薬品について触れない薬局もあるぐらいですから、こう考えても不思議ではないですよね?

 

でも薬の説明欄にこのお薬のジェネリック薬品はありませんと表記されていたり、このお薬は○○のジェネリック薬品ですとか説明があれば話は違います。

 

ジェネリック医薬品が無いならこの値段でも仕方ない、ジェネリックでもこの値段なんだから仕方ない、と納得出来ます。

 

 

薬剤師さんからすると、お薬ごとのジェネリック医薬品の有無など常識かもしれませんが、私達一般人はそんなことを知りません。

 

ですのでお手数をおかけすると思いますが、ジェネリック薬品についてもう少し親切な対応があればなと感じます。

おまけ:和歌山県に赴任することになった時に備えて

和歌山県はこんな場所です!

和歌山県についてご紹介します。

 

近畿地方にある和歌山県は、面積が広い割には地味、田舎、やたらとみかんがある県といったイメージを持った方が多いと思います。

 

ですが、意外と人口が多く、お店がたくさんあります。和歌山市、岩出市は大阪にも出やすい位置にあり、静かな場所に住みたいけれど、都会に出て遊ぶのも好きという方に人気の場所です。

 

お店も、広い県面積を活かして広々と建てられており、大阪に行かなくてもほとんどのものが手に入ります。

 

和歌山市、岩出市以外は静かな街が多いですが、美味しいご飯や温泉がたくさんあります。日帰りで楽しめる温泉も多いです。違う県に足をのばさなくても、休みの日は温泉に行き、美味しい海鮮を堪能することができます。

 

また、アドベンチャーワールドというパンダの飼育で有名な動物園があり、都会のように長い時間並ばなくても、かわいいパンダやパンダの赤ちゃんを心ゆくまで眺めることができます。

 

和歌山県は性格が穏やかな人が多く、都会ほどあくせくしていません。でも、田舎はプライバシーとかなさそう‥というわけでもなく、適切な距離感でご近所付き合いをすることができます。

 

なにもないイメージの和歌山県ですが、自然や動物、温泉、海鮮や果物など、人に癒やしを与える要素がぎゅっと詰まっています。県面積が広いため、東西南北で様々な特徴があり、休みの日ごとに訪れる場所をかえても、飽きることはないでしょう。

 

ぜひ和歌山県の地図と観光マップを持って、様々な場所を訪れてみてくださいね!きっと和歌山県を好きになれると思います。

 

新しい場所で慣れないことも多々あるとは思いますが、頑張ってください。

by 和歌山県在住 Aさん

女性

関連ページ

北海道の調剤薬局の薬剤師の為のページ
青森県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
秋田県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
岩手県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
宮城県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
山形県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
新潟県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
福島県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
群馬県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
栃木県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
茨城県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
埼玉県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
東京都の調剤薬局の薬剤師の為のページ
千葉県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
神奈川県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
山梨県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
静岡県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
長野県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
富山県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
石川県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
岐阜県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
福井県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
滋賀県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
愛知県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
京都府の調剤薬局の薬剤師の為のページ
兵庫県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
三重県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
大阪府の調剤薬局の薬剤師の為のページ
奈良県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
鳥取県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
岡山県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
島根県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
広島県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
山口県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
香川県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
徳島県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
愛媛県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
高知県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
福岡県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
佐賀県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
長崎県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
大分県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
熊本県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
宮崎県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
鹿児島県の調剤薬局の薬剤師の為のページ
沖縄県の調剤薬局の薬剤師の為のページ