MENU
※パソコンからご覧になられている方の中で画面が文字だけの場合、サイトデザインに対応できておりません。
その場合はお手数ですが【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で検索しスマートフォンでご覧ください。きっと役立つコンテンツ載せてます(^^

調剤薬局で派遣で働く薬剤師のデメリットとは?

調剤薬局で派遣で働く薬剤師のデメリットと言えば?

派遣社員のデメリット

 

正社員のメリッとして、社会保険やその他の福利厚生が利用できる事、長期の仕事が保障されている事がります。

 

その一方で、正社員のデメリッとしては、望まない転勤を断れなかったり長期の休みが取れなかったり、1日の拘束時間が長かったり、責任や仕事の量が重かったり多かったりします。

 

 

 

薬剤師さんの勤務先の業種としては、

 

病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがありますが、

 

派遣社員の勤務先は主に調剤薬局になります。

 

 

 

派遣社員のデメリットとしては、保証されている仕事が短期であると言う事になります。

 

短期で契約し、また次の仕事を短期で結びます。

 

メリットとしては、1日の勤務時間も勤務日数も希望を出せるためプライベートな時間を大事にすることができます。

 

 

派遣社員の方の生活の例は2パターンあります。

 

例1))
短期で働き、自己育成や海外旅行などの時間に充て、また短期で働く。

 

例2))
派遣社員の場合正社員やパート社員よりも高収入を得ることができるため、
契約を詰め高収入を得る。

 

 

勤務時間や勤務日数を調整は登録してある派遣会社が行います。

 

調剤薬局→派遣会社→個人の流れで給料が支払われます。

 

もともと個人に回ってくる給与が高額なため、派遣社員の場合残業代は出にくいです。

 

始めの契約で計算できる金額が収入になります。

 

 

派遣社員になる人はどんな人が多い?

 

プライベートな時間を大切にしたい薬剤師さん

 

20代の薬剤師さん

 

お金を一時的に稼ぎたい方

 

転職と転職の合間の薬剤師さん

 

情報収集したい薬剤師さん

 

女性の薬剤師さん

 

一時的ですが高収入を得られる事やプライベートな時間を活用できる事に加えて、

 

情報収集や勉強をする期間に充てることができるため転職の合間に派遣社員を経験する方も多いです。

 

このタイミングでしか経験する事ができない事もありますので、

 

転職のタイミングはチャンスです。

 

上手に活用しましょう!

 

薬剤師さんのリアルな転職体験談はこちらを参考にしてください

保険や権利などについて

 

社会保険、厚生年金保険について

派遣社員の薬剤師さんでも条件を満たせば、社会保険(と厚生年金保険)に加入する事は可能です。

 

簡単に言うと、
週に30時間程度働くと加入条件を満たします。

 

逆にこれ以下の勤務時数の場合は、社会保険に加入しないと言う事になります。

 

つまり今の職場で退職する事になって有給消化中の期間であっても、週に30時間以下であれば働く事ができる事になりますね!

 

派遣社員で働く事はお金以外にも良い経験になりますから、これを生かす手もあります。

 

 

雇用保険

雇用保険は、失業した時に失業手当を受けられる保険ですが、加入条件は週20時間以上の勤務と31日以上の雇用です。

 

ちなみに今の職場でも労働保険には加入しており失業手当が受けられるかな?っと考えたかと思いますが、

 

自己都合の場合3ヶ月の無給期間を経ないと失業手当を受けることができません。

 

▽詳しくはこちらに書いてあります。

 

失業保険の受給の流れについて>>

 

 

労災保険

業務中、通勤中にケガをしたときに受けられる保険です。

 

労災保険は、無条件で加入します。

 

 

有給休暇

週30時間以上かつ6ヶ月以上勤務で、有給休暇の取得権利が付与されます。

 

 

 

キャリアアップを第一に考えたい。

プライベートな時間を大切にしたい。

人間関係や働く環境を重視したい。

 

何を大切にして働くかは人それぞれですが

 

薬剤師さんの派遣社員と言う期間は、高収入かつ情報収集の期間に充てる事もできますので活用できる状況にいる方は、上手に活用しましょう!

 

 

 

 

 

 

薬剤師転職サイト一覧

調剤薬局の外国人対応

調べられる限りの求人サイトをまとめました

 

薬剤師求人サイト一覧 丸一日かけて調べたほぼ全部、44社掲載


 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立てるように情報を発信しています!
多忙なお仕事の心強いパートナーを目指しています☆彡

 

 

調剤薬局の薬剤師.com>>


 

関連ページ

調剤未経験の薬剤師の転職、成功させる秘訣は?
調剤薬局への薬剤師の転職 すぐに決まる方法
有給消化中でも転職したい薬剤師、その方法は?
薬剤師の転職 自己都合でも失業保険は受給できる?
薬剤師の転職 認定薬剤師の資格が優位に働くケース
認定薬剤師の資格が無いと調剤薬局の転職は不利?
かかりつけ薬剤師経験あり、好条件で転職可?
ドラッグストアから調剤薬局への転職は、薬剤師にとってどう?
病院薬剤師の転職 調剤薬局ではうまくやれる?
薬剤師の求人は派遣調剤が熱い!
薬剤師の転職は、研修認定薬剤師の資格ある人が有利!
どうして薬剤師の転職は在宅経験ある人が有利?
薬剤師の転職では、派遣社員を一度挟むと良い理由
薬剤師で年収1000万円を越える方法
研修認定薬剤師の取得費用負担できる調剤薬局は?
調剤薬局から病院へ転職する薬剤師が注意すべき点
年収800万円を調剤薬局で越える方法 薬剤師の転職
調剤薬局で薬剤師が派遣で働くメリットと言えば?
調剤薬局の薬剤師 円満退社のコツ
在宅なしの調剤薬局へ 薬剤師が考える上手な転職
製薬会社の薬剤師MRがドラッグストアに転職した話
薬剤師転職ドットコムの満足度は?
OTC薬剤師から調剤薬局への転職で注意する点は?
調剤薬局で働く薬剤師の平均年収
病院で働く薬剤師の平均年収
ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収
調剤薬局の管理薬剤師の責任と仕事内容について
病院薬剤師が年収600万円を越えるための求人情報
病院薬剤師が年収650万円の求人を本気で考えた時
年収600万円以上を目指す調剤薬局の薬剤師の為の求人情報
年収700万円以上の薬剤師を目指す求人情報ランク
年収700万円以上の調剤薬局求人情報ランク
年収750万円@理想を叶える薬剤師の求人入手経路
調剤薬局で年収750万円が実現可能な求人情報@薬剤師
年収800万円の薬剤師の求人情報が見つかるランク
年収800万円の調剤薬局で働けるチャンスがある求人サイトランク
年収850万円以上の薬剤師になる求人情報探すなら
年収850万円を目指す調剤薬局の薬剤師の求人情報
これぞ薬剤師のための楽な転職サイト
薬剤師におすすめの転職活動方法
薬剤師を年収650万円以上で調剤薬局に転職させるサイト
年収700万円で調剤薬局に転職させるサイトランク【薬剤師対象】
年収750万円以上で調剤薬局の薬剤師転職を目指すなら
調剤薬局薬剤師の年収800万円転職をサポートするサイト
年収600万円以上の病院薬剤師に転職・転身したいなら
病院薬剤師で年収650万円転職@登録にお勧めの求人サイト3
新卒の薬剤師の為の病院の募集・求人について
薬剤師が求人を探すときのワンポイントアドバイス
調剤薬局の薬剤師求人サイト一覧 44社掲載