医療・医薬品業界の出来事2017年2月
MENU

毎日の医療・医薬品業界の情報ページトップへ戻る

ニュース

調剤薬局の薬剤師に役立つ情報

毎日の医療情報を超簡潔にお届けしています

 

 

医療・医薬品業界の出来事2017年2月

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 

 

2/1

オプジーボの薬価について

 

小野薬品工業の抗悪性腫瘍製剤オプジーボの薬価が2月1日から50パーセント引き下げ。

 

これにより、20mg/1瓶の薬価は7万5100円に。100mg/1瓶は36万4925円に。

 

 

ハーボニー情報追記

 

 

ギリアド・サイエンシズ株式会社が、ハーボニー配合錠偽造品の成分分析結果を発表。

 

http://www.gilead.co.jp/

 


 

2/2

自主回収情報

 

プラバスタチンナトリウム錠10mg日医工
一部自主回収

 


 

2/3

 

 

 


 

2/4

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

2/5

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

2/6

登録販売者について

 

2016年度の登録販売者試験の総受験者数は約5万3000人でした。

 

その中で2016年度の合格者は約2万3000人、

 

2016年度を終了し、登録販売者の合格者の累計は約20万人になりました。

 


 

2/7

医療従事者に評価されたサイト

 

医療経営コンサルティング、調査会社のネグジット総研によると、

 

2016年に医療従事者向けのサイトで、医療従事者に最も評価されたのはサイフィ株式会社であったと2/6に発表。

 

 

▽ネグジット総研

 

http://www.nextit.co.jp/

 

 

▽サイフィ株式会社

 

http://healthcare.sanofi.co.jp/

 

https://e-mr.sanofi.co.jp/

 


 

2/8

費用対効果評価について

 

厚生労働省が2018年度の診療報酬の改定で、費用対効果評価の導入検討を進める方針を示しました。

 

2017年夏頃に中間的なまとめを出したい考え。

 

2016年度からはソバルディ、ハーボニー、オプジーボなど医薬品7品目、医療機器5品目の計12品目を対象に費用対効果評価の試行的導入が行われている。

 

費用対効果評価は薬価の新しい価格調整方法。

 

 

新薬の情報

 

アストラゼネカ社より、

 

抗血小板薬のブリリンタ錠60mg/90mg販売開始

 


 

2/9

 

 

 


 

10

 

 

 


 

11

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

12

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

13

 

 

 


 

14

 

 

 


 

15

薬価収載情報

 

◆6月に薬価収載される予定の後発医薬品が厚生労働省に承認されました。

 

市場の動向が大きい品目として、

 

エビリファイ錠/エビリファイOD錠/エビリファイ内用液

 

ミカルディス錠/

 

 

ミカルディス錠は第一三共エスファがAGの承認を取得しています。

 

ジェネリック医薬品ではOD錠の発売もあります。

 

ミカルディス錠の成分を含む配合錠のジェネリック医薬品も同時に発売されます。

 

 

その他、

 

ディナゲスト錠/ディナゲストOD錠

 

セイブル錠/セイブルOD錠

 

マクサルト錠

 

ザラカム配合点眼液

 

バラクルード錠

 

など、6月収載予定の後発品は368品目です。

 

 

 


 

16

新薬情報

 

B型慢性肝疾治療薬の

 

ベムリディ錠25mg

 

が15日ギリアド・サイエンシズより販売開始

 

 

 

根治切除不能な悪性黒色腫

 

PD-L1 陽性の切除不能な進行、再発の非小細胞肺癌の治療薬の

 

キイトルーダ点滴静注20mg/100mg

 

が15日からMSDより販売開始

 

 

 

血液透析下の二次性副甲状腺機能亢進症治療薬の

 

パーサビブ静注透析用2.5mg、5mg、10mg

 

が15日から小野薬品より販売開始

 

 


 

17

アンケート結果

 

 

日本保険薬局協会 薬剤師機能拡大委員会
による会員アンケート結果の発表

 

http://www.nippon-pa.org/mail/img/784.pdf

 

調査協力 3248薬局

 

 

調査内容

・処方箋集中率について
・月間平均の処方箋応需枚数について
・医薬品の在庫品数について
・後発医薬品の在庫品数について
・かかりつけ薬剤師について
・訪問薬剤管理指導について

など

 

 


 

18

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

19

 

医療・医薬品業界の情報2017年2月

 


 

20

 

 

 


 

21

剤形追加の情報

 

製造販売ファイザー株式会社、販売提携エーザイ株式会社

 

疼痛治療剤のリリカカプセル(成分:プレガバリン)に剤形追加

 

リリカOD錠 25mg/75mg/150mg

 

の製造販売承認を2月17日に取得したと発表

 

 

健康経営優良法人認定制度

 

経済産業省による優良な健康経営を実践している企業の2017年度の発表がありました

 

 

http://www.meti.go.jp/

 


 

22

メディア情報

 

NHK放送のガッテン!(ためしてガッテン)の特集内容は、血糖値を下げるデルタパワーについて。

 

テーマは糖尿病ですが、その中でベルソムラ錠が紹介されていました。

 

血糖値と熟睡には関連性があるとの内容でした。

 

 

熟睡した時にだけ出るデルタ波と言う脳波があります。

 

そのデルタ波のパワーはデルタパワーと表現されていました。

 

 

ベルソムラ錠は2016年12月に10mg錠が発売され、15mgと20mgは2014年11月に発売されています。

 

睡眠中だけに効果を発揮して、従来のGABA受容体作動薬に比べ日中眠くなりにくいと言った特徴がある新薬の様です。

 

補足))ちなみに脳波には、

 

アルファ波;リラックス時に出ている
ベータ波;集中した時に出ている
シータ波; 深い瞑想時に出ている(閃きや洞察力が活性化する)
デルタ波;熟睡中にだけ出ている

 

等があります。

 

 

追記
睡眠薬で糖尿病が治療できるかのような誤解を与えてしまったと、26日の夜NHKによる謝罪がありました。

 

http://www9.nhk.or.jp/

 

 


 

23

調査結果

 

22日の中央社会保険医療協議会総会 第346回総会の中で、

 

平成28年度の診療報酬改定の結果検証に係る調査のデータが発表されました。

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

 

抜粋

・一般名処方の割合が30%以上になった

 

・後発医薬品の調剤割合は65.5%で割合上昇

 

・後発医薬品で銘柄が指定されている処方かつ変更不可印がある処方の割合は大きく減少

 

・薬局の後発品の備蓄状況増加

 

・後発品調剤体制加算の算定状況 

 

加算1(数量シェア65%以上)は34.2%

 

加算2(数量シェア75%以上)は30.3%

 

診療報酬の改定後も加算2の算定を届け出た薬局は65.3%

 

・後発品に変更しやすい品目、変更に理解を得やすい対応方法、課題

 

 

その他多数の情報

 

 

診療報酬改定について

 

厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての疑義解釈資料その9を公表

 

 

▽平成28年度診療報酬改定について

 

http://www.mhlw.go.jp/

 

 

▽疑義解釈資料その9

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

24

 

 

 


 

25

国家試験

 

第102回薬剤師国家試験

 

1日目が行われました。

 


 

26

国家試験

 

第102回薬剤師国家試験

 

2日目が行われました。

 


 

27

 

 

 


 

28

国保の財政状況について

 

 

平成27年度の国民健康保険(市町村)の財政状況についてデータ公表

 

厚生労働省発表

 

精算後単年度収支差引額は、2843億円の赤字

 

 

http://www.mhlw.go.jp/

 


 

 

 

2月 発売日不明

 

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

 

ジメンシー配合錠

 

3種類の直接作用型抗ウイルス剤を配合したC型慢性肝炎治療薬

 

作用点の異なる3種類のDAAを配合した製剤としては日本初