MENU
※パソコンからご覧になられている方の中で画面が文字だけの場合、サイトデザインに対応できておりません。
その場合はお手数ですが【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で検索しスマートフォンでご覧ください。きっと役立つコンテンツ載せてます(^^

仕事に役立つリンク トップページに戻る

役立つリンク

調剤薬局 薬剤師の役に立つ情報

薬剤師の業務の役に立つリンクまとめです

 

 

ツムラ漢方薬あいうえお順(五十音順)

ツムラの漢方あいうえお順

 

 

添付文書検索>>

 

参照;独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

 

 

移動

■ あ行
■ か行
■ さ行
■ た行

■ な行
■ は行
■ ま行
■ や行

■ ら行
■ わ行



 

色分け

0番
ツムラ漢方薬 色 0

 

4番
ツムラ漢方薬 色 4番

 

8番
ツムラ漢方薬 8番 色

 

1番
ツムラ漢方薬 色別 1

 

5番
ツムラ漢方薬 色で判断する 5番台

 

9番
ツムラ漢方薬9番の色

 


2番
ツムラ漢方薬 色分け 2

 

6番
ツムラ漢方薬 カラー 6番

 

3番
ツムラ漢方薬 色で判別 3

 

7番
ツムラ漢方薬 色から番号を判断する 7番

 



▽ツムラ漢方薬の読み仮名(ふりがな、カタカナ表記)も載せています!
▽ツムラ漢方薬の1包3gの漢方薬(一包2.5g包装以外の漢方薬)も載せています!

 

1包3gのツムラ漢方薬>>

 

▽ツムラ漢方薬の1包3.5gの漢方薬(一包2.5g包装以外の漢方薬)も載せています!

 

1包3.5gのツムラ漢方薬>>

 

 

あいうえお順(五十音順)

 

 

 

 



 

 

005

 

■安中散
アンチュウサン


 

115

 

■胃苓湯
イレイトウ


 

135

 

■茵チン蒿湯
インチンコウトウ


 

117

 

■茵チン五苓散
インチンゴレイサン


 

106

 

■温経湯
ウンケイトウ


 

057

 

■温清飲
ウンセイイン


 

028

 

■越婢加朮湯
エッピカジュツトウ


 

098

 

■黄耆建中湯
オウギケンチュウトウ

 

3g/包


 

015

 

■黄連解毒湯
オウレンゲドクトウ


 

120

 

■黄連湯
ツムラオウレントウ


 

003

 

■乙字湯
オツジトウ


 

 

 

 

 

 



 

 

001

 

■葛根湯
カッコントウ


 

002

 

■葛根湯加川キュウ辛夷
カッコントウカセンキュウシンイ


 

137

 

■加味帰脾湯
カミキヒトウ


 

024

 

■加味逍遙散
カミショウヨウサン


 

072

 

■甘麦大棗湯
カンバクタイソウトウ


 

138

 

■桔梗湯
キキョウトウ


 

065

 

■帰脾湯
キヒトウ


 

077

 

■キュウ帰膠艾湯
キュウキキョウガイトウ

 

3g/包


 

050

 

■荊芥連翹湯
ケイガイレンギョウトウ


 

134

 

■桂枝加芍薬大黄湯
ケイシカシャクヤクダイオウトウ


 

060

 

■桂枝加芍薬湯
ケイシカシャクヤクトウ


 

018

 

■桂枝加朮附湯
ケイシカジュツブトウ


 

026

 

■桂枝加竜骨牡蛎湯
ケイシカリュウコツボレイトウ


 

045

 

■桂枝湯
ケイシトウ


 

082

 

■桂枝人参湯
ケイシニンジントウ


 

025

 

■桂枝茯苓丸
ケイシブクリョウガン


 

125

 

■桂枝茯苓丸加ヨク苡仁
ケイシブクリョウガンカヨクイニン


 

128

 

■啓脾湯
ケイヒトウ


 

070

 

■香蘇散
コウソサン


 

095

 

■五虎湯
ゴコトウ


 

063

 

■五積散
ゴシャクサン


 

107

 

■牛車腎気丸
ゴシャジンキガン


 

031

 

■呉茱萸湯
ゴシュユトウ


 

056

 

■五淋散
ゴリンサン


 

017

 

■五苓散
ゴレイサン


 

 

 

 

 

 



 

 

073

 

■柴陥湯
サイカントウ


 

012

 

■柴胡加竜骨牡蛎湯
サイコカリュウコツボレイトウ


 

011

 

■柴胡桂枝乾姜湯
サイコケイシカンキョウトウ


 

010

 

■柴胡桂枝湯
サイコケイシトウ


 

080

 

■柴胡清肝湯
サイコセイカントウ


 

096

 

■柴朴湯
サイボクトウ


 

114

 

■柴苓湯
サイレイトウ

 

3g/包


 

113

 

■三黄瀉心湯
サンオウシャシントウ


 

103

 

■酸棗仁湯
サンソウニントウ


 

121

 

■三物黄ゴン湯
サンモツオウゴントウ


 

501

 

■紫雲膏
シウンコウ


 

035

 

■四逆散
シギャクサン


 

075

 

■四君子湯
シクンシトウ


 

046

 

■七物降下湯
シチモツコウカトウ


 

071

 

■四物湯
シモツトウ


 

064

 

■炙甘草湯
シャカンゾウトウ

 

3g/包


 

068

 

■芍薬甘草湯
シャクヤクカンゾウトウ


 

099

 

■小建中湯
ショウケンチュウトウ


 

009

 

■小柴胡湯
ショウサイコトウ

 

禁忌インターフェロン


 

109

 

■小柴胡湯加桔梗石膏
ショウサイコトウカキキョウセッコウ


 

019

 

■小青竜湯
ショウセイリュウトウ

 

3g/包


 

021

 

■小半夏加茯苓湯
ショウハンゲカブクリョウトウ


 

022

 

■消風散
ショウフウサン


 

101

 

■升麻葛根湯
ショウマカッコントウ


 

104

 

■辛夷清肺湯
シンイセイハイトウ


 

085

 

■神秘湯
シンピトウ


 

030

 

■真武湯
シンブトウ


 

093

 

■滋陰降火湯
ジインコウカトウ


 

092

 

■滋陰至宝湯
ジインシホウトウ

 

3g/包


 

048

 

■十全大補湯
ジュウゼンタイホトウ


 

006

 

■十味敗毒湯
ジュウミハイドクトウ


 

051

 

■潤腸湯
ジュンチョウトウ


 

066

 

■参蘇飲
ジンソイン


 

136

 

■清暑益気湯
セイショエッキトウ


 

111

 

■清心蓮子飲
セイシンレンシイン


 

058

 

■清上防風湯
セイジョウボウフウトウ


 

090

 

■清肺湯
セイハイトウ

 

3g/包


 

124

 

■川キュウ茶調散
センキュウチャチョウサン


 

053

 

■疎経活血湯
ソケイカッケツトウ


 

 

 

 

 

 



 

 

084

 

■大黄甘草湯
ダイオウカンゾウトウ


 

033

 

■大黄牡丹皮湯
ダイオウボタンピトウ


 

100

 

■大建中湯
ダイケンチュウトウ


 

008

 

■大柴胡湯
ダイサイコトウ


 

133

 

■大承気湯
ダイジョウキトウ


 

097

 

■大防風湯
ダイボウフウトウ

 

3.5g/包


 

091

 

■竹如温胆湯
チクジョウンタントウ


 

074

 

■調胃承気湯
チョウイジョウキトウ


 

047

 

■釣藤散
チョウトウサン


 

040

 

■猪苓湯
チョレイトウ


 

112

 

■猪苓湯合四物湯
チョレイトウゴウシモツトウ


 

089

 

■治打撲一方
ヂダボクイッポウ


 

059

 

■治頭瘡一方
ヂヅソウイッポウ


 

105

 

■通導散
ツウドウサン


 

061

 

■桃核承気湯
トウカクジョウキトウ


 

086

 

■当帰飲子
トウキインシ


 

123

 

■当帰建中湯
トウキケンチュウトウ


 

038

 

■当帰四逆加呉茱萸生姜湯
トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ


 

023

 

■当帰芍薬散
トウキシャクヤクサン


 

102

 

■当帰湯
トウキトウ


 

 

 

 

 

 



 

 

088

 

■二朮湯
ニジュツトウ


 

081

 

■二陳湯
ニチントウ


 

067

 

■女神散
ニョシンサン


 

032

 

■人参湯
ニンジントウ


 

108

 

■人参養栄湯
ニンジンヨウエイトウ

 

3g/包


 

 

 

 

 

 



 

 

122

 

■排膿散及湯
ハイノウサンキュウトウ


 

007

 

■八味地黄丸
ハチミジオウガン


 

016

 

■半夏厚朴湯
ハンゲコウボクトウ


 

014

 

■半夏瀉心湯
ハンゲシャシントウ


 

037

 

■半夏白朮天麻湯
ハンゲビャクジュツテンマトウ


 

029

 

■麦門冬湯
バクモンドウトウ

 

3g/包


 

034

 

■白虎加人参湯
ビャッコカニンジントウ

 

3g/包


 

069

 

■茯苓飲
ブクリョウイン


 

116

 

■茯苓飲合半夏厚朴湯
ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ


 

079

 

■平胃散
ヘイイサン


 

041

 

■補中益気湯
ホチュウエッキトウ


 

020

 

■防已黄耆湯
ボウイオウギトウ


 

062

 

■防風通聖散
ボウフウツウショウサン


 

 

 

 

 

 



 

 

027

 

■麻黄湯
マオウトウ


 

127

 

■麻黄附子細辛湯
マオウブシサイシントウ


 

055

 

■麻杏甘石湯
マキョウカンセキトウ


 

078

 

■麻杏ヨク甘湯
マキョウヨクカントウ


 

126

 

■麻子仁丸
マシニンガン


 

036

 

■木防已湯
モクボウイトウ


 

 

 

 

 

 



 

 

052

 

■ヨク苡仁湯
ヨクイニントウ


 

054

 

■抑肝散
ヨクカンサン


 

083

 

■抑肝散加陳皮半夏
ヨクカンサンカチンピハンゲ


 

 

 

 

 

 



 

 

043

 

■六君子湯
リックンシトウ


 

110

 

■立効散
リッコウサン


 

076

 

■竜胆瀉肝湯
リュウタンシャカントウ


 

119

 

■苓甘姜味辛夏仁湯
リョウカンキョウミシンゲニントウ


 

118

 

■苓姜朮甘湯
リョウキョウジュツカントウ


 

039

 

■苓桂朮甘湯
リョウケイジュツカントウ


 

087

 

■六味丸
ロクミガン


 

 

 

 

 

 



 

 

000

 

□ なし


 

 

参照;http://www.tsumura.co.jp/

 

 

 

 

 

―ページトップへ―

 

―サイトトップへ―

 

 

 

 

 

1包3gのツムラ漢方薬

 

 

098

 

■黄耆建中湯
オウギケンチュウトウ


 

 

077

 

■キュウ帰膠艾湯
キュウキキョウガイトウ


 

 

114

 

■柴苓湯
サイレイトウ


 

 

064

 

■炙甘草湯
シャカンゾウトウ


 

 

019

 

■小青竜湯
ショウセイリュウトウ


 

 

092

 

■滋陰至宝湯
ジインシホウトウ


 

 

090

 

■清肺湯
セイハイトウ


 

 

108

 

■人参養栄湯
ニンジンヨウエイトウ


 

 

029

 

■麦門冬湯
バクモンドウトウ


 

 

034

 

■白虎加人参湯
ビャッコカニンジントウ


 

 

 

1包3.5gのツムラ漢方薬

 

 

097

 

■大防風湯
ダイボウフウトウ


 

 

 

 

 

 

 

 

―ページトップへ―

 

―サイトトップへ―

 

自分の臭いが気になる方の為のサプリ!

 

スポンサーリンク

 

 

満足度91%のニオイ対策かほりのおめぐ実【かおりのさぼん付いてくる!】>>

 

漢方薬の効能効果 類似まとめ

 

 

一概に便秘や肥満、疲れなどと言っても症状によって必要な薬は異なり、
自分が気づいていない病気が隠れている場合もあります。

 

正しくお薬を処方してもらうには、細かく自分の症状を医師に伝え正しい診断をしてもらい、適切な薬を処方してもらう必要があります。

 

ドラッグストアや薬局で漢方薬を購入する時も、薬のパッケージを見ただけでは素人目には自分に適した薬か判断する事が難しいため、
薬剤師さんや登録販売者さんに症状を詳しく伝え薬を選んでもらう方が好ましいですね。

 

 

漢方薬に関しても細かい症状を見ると必要な漢方薬は異なってきます。

 

 

 

以下はただ、添付文書上の効能効果が類似している漢方薬を単純にまとめています。

 

 

 

ー以下編集中ですー

 

 

便秘に効能又は効果のある漢方薬

 

大黄甘草湯
潤腸湯
麻子仁丸
防風通聖散
桃核承気湯など

 

 

肥満症に効能又は効果のある漢方薬

 

防風通聖散
防已黄耆湯など

 

 

肥満症に効能又は効果のある漢方薬

 

防風通聖散
防已黄耆湯など

 

 

月経不順、月経困難に効能又は効果のある漢方薬

 

当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
加味逍遙散など

 

 

疲れやすさや体力回復に用いられる漢方薬

 

六君子湯
補中益気湯
小建中湯
八味地黄丸など

 

 

 

 

 

ツムラ漢方薬あいうえお順 五十音順

健康的コラム(おまけ)

黒酢の健康維持に役立つ働きとは?

 

黒酢は、健康維持や美容効果に関心が高い人が飲んでいる商品といえます。もともと、黒酢は健康商品として注目を集めており昔から黒酢を飲用する健康法もありました。美容が気になる若い女性から健康が気になりだした中高年以上の男女まで幅広い層に注目されています。黒酢が健康に役立つということは多くの人が周知しているところですが、実際には体にどういった作用があるのでしょうか?酢の一種である黒酢は、調理用の酢として販売されていたり黒酢ドリンクとして飲みやすくして売り出していることもあります。一般的なお酢のようなつんとくる刺激臭がないことや、比較的飲みやすくアミノ酸が多いことが黒酢の特徴です。慢性疲労に悩まされているような人はサプリメントで黒酢を摂取し、アミノ酸による疲労回復を期待しています。アミノ酸には様々な種類がありますが、黒酢に入っているアミノ酸の場合2つ以上のアミノ酸がペプチド結合でつながっています。このペプチドには血液の流れをサラサラにする傾向があるようです。全身の血液が巡りやすくなると冷え性の改善やむくみの予防効果などがあり、体の中のカロリーが燃えやすくなりそうです。黒酢サプリメントを摂取することで、便秘への悩みやダイエットで困っている方にメリットがありそうな事も注目度の高い所以です。黒酢サプリメントを活用することで、美容面で、健康面で、メリットを得ることが期待できるかもしれません。

 

 

メタボの原因と効果的な予防方法とは?

 

中年期以降のメタボは男性に多い印象がありますが、女性も少なくないため早期の予防が重要です。ある程度の年齢になると心配になるメタボは、男性に多いと思われがちですが実は女性にも少なくありません。メタボ体質の人の中には体重が重くないのに、体脂肪率が高いという人がいます。隠れメタボは過度なダイエットを繰り返し行っていたり、運動不足が原因になって起きます。生理が終わってから、女性ホルモンの活動が低下することも理由にあるようです。予防をきちんと行ってメタボにならないようにしておくことは誰にとっても重要なことと言えます。メタボになりやすい要因に、筋力低下も挙げられますので筋力を下げないようにしておきましょう。特にスクワットは筋肉量が多い腹筋と脚の筋肉を同時に鍛えられるのでお勧めです。一週間分の食事内容を改めて書き出してみるなどしてカロリーや栄養バランスを検討し直してみましょう。食べ過ぎや不規則な食事はよくないですが、健康維持に必要な栄養は十分にとっておきましょう。晩ご飯はそれほどたくさん食べる必要はありませんので、薄味でさっぱりとしたものを意識して食べましょう。年をとっても生活習慣病にならないように、メタボ予防をしておくことで健康維持が図られます。

 

 

 

酵素ドリンクはダイエットの効果をアップさせる?

 

酵素ドリンクを飲むことで、毎日の運動や過度に食事量を減らすことなくダイエットにスムーズな+αをすることができます。1食分の食事を酵素ドリンクにすることでカロリー制限を行いつつ、栄養バランスを整えることができます。酵素ドリンクからはフルーツや野菜に含まれている酵素が摂取できて酵素の補給が可能です。運動によるダイエット効果をアップさせるには酵素が不足しないように摂取するといいでしょう。運動に必要なエネルギーを素早く供給するためにも代謝が高まりカロリーが燃えやすくなることはいいことです。日頃運動をする機会がない人でも、ちょっとした運動なら時間の合間に実践することができます。ただ運動をするのではなく、酵素ドリンクも活用することで一層ダイエットが進めやすくなります。食事量を減らしているとお腹がすいてつらく感じることもありますが酵素ドリンクはボリュームもあって満足しやすい飲み物です。置きかえダイエットを実践する利点に、普段から胃腸にかかっている負担を緩和できることもあります。食事を酵素ドリンクに置き換えれば胃や腸に消化活動をさせずに胃腸を休ませてあげられる時間を作る事ができるわけです。1食置きかえダイエットはお腹が空きすぎて厳しいという人は、食事を半分減らし酵素ドリンクに置きかえるという手法もあります。ダイエットに酵素ドリンクも活用することで効率的に体重を減らすことができるので、減量に苦戦している人は一度試してみるといいかもしれません。

 

 

不足しているビタミンをサプリメントで摂取するときの注意点は?

 

サプリメントでビタミンを補給しているからと、食事改善は不必要と言う方がいます。サプリメントを飲んだからといって、それだけではてきめんに体調が変わったりはしません。ですが効果のほどを疑いながらもサプリメント飲み続続けているだけという人は多いようです。毎日の食事に十分に配慮しているという人の中には、食事で栄養摂取が十分できているということもあります。しかし特定の栄養が不足していたり、好物に含まれている栄養をたくさん摂りすぎていたりという偏った食事は多くの人が行っています。サプリメントを利用する事で足りていない栄養を得ることが可能です。体の具合がビタミンサプリメントのお陰で良くなったとか、大幅に体力がついて疲れにくくなったとか、ビタミンのサプリメントを飲んだだけではそう言う事はないようです。サプリメントを摂取する目的は、不足している栄養の補給ができる事です。健康状態を維持するために大事なことはまず基本となる食事内容の改善であり、それだけでは足りないような部分をサプリメントで補います。いくらサプリメントでビタミン摂取ができるとしても、それで健康が確約されるということではありません。ビタミンを得るためにサプリメントを摂取することは、体に良い食生活を送ることプラスαの扱いとして実践するべきです。普段、どんなものを食べているかを把握し、栄養バランスを整えた上で、足りないビタミンをサプリメントで摂取することが大切です。

 

 

お通じを気にしている人にアロエが役立つ?

 

健康や美容のためにアロエを良く食べるようにしている人は多いようです。アロエの健康面の良い働きは昔から評価されており、火傷や切り傷に対してはアロエを貼り付けるといった方法もありました。アロエの葉の部分から出る汁にはアロインという成分が含まれており、これは消化を助け腸の状態を整えるなんて言われているようです。多くの人がアロエを摂取しているのは、アロエには炎症を緩和する作用があるためや、胃の粘膜の炎症などの改善が期待できるからでしょうか。最近では、アロエを材料にした加工品も多く出回るようになり、健康に興味があるような人に好まれて摂取されています。お通じのために、アロエを意識的に摂取している人もいるようです。お通じが止ってしまうと体調も崩しがちになりますので、腸内環境を整え、より排出しやすい便を作る事は有益です。アロエは便秘体質の方に好まれているようですが、摂取する時には気をつけたいこともあります。体を冷やす作用もアロエにはあるので、アロエを無闇に摂取し過ぎないようにすることも重要です。体が冷えやすい人、妊娠していたり、生理中だという人は、摂取しないのも一つの考え方です。現在の自分のコンディションを把握した上でアロエの摂取を考えてみると良いかもしれませんね!

 

 

亜鉛のサプリメントを摂取する人の目的とは?

 

サプリメントを使って亜鉛を補給することは、どのような形で健康維持に役立つものなのでしょう?亜鉛を摂取すると体に良い影響があるということは感じてはいるけれど、どういいのかは知らないという人は、案外と多いのではないでしょうか。男性ならば亜鉛を摂取したほうがいいという印象を持っていて、亜鉛のサプリメントを気にしているという方もいるようです。亜鉛は、男性にとっても、女性にとっても大事な栄養ですが、毎日の食事では欠乏することが多いようです。新陳代謝を促進したり、体内で新しいたんぱく質を生成する時に使われる亜鉛は、ミネラルの一種です。さらに亜鉛は免疫力も期待出来て、アルコールの分解、抗酸化作用、育毛などにも働きかけてくれます。男性の生殖器が正常に機能するよう働きかける効果も亜鉛にはありますので、男性にとって好ましい栄養成分です。亜鉛不足を解消することは、女性にとっても有用です。生理不順に良い影響があったり、卵巣の状態に良い影響がでたり。カニやレバー、肉や、カキ類から亜鉛を補給することができますが、毎日食べ続けるのは、カロリー面や、プリン体の量などから考えると負の面もあるため、食べ物以外の方法を考える必要があります。他にも亜鉛を含む食べ物には、ゴマや大豆などもありますが、亜鉛を1日にどのくらい食べるべきかを考えると、大量のゴマや大豆を採らなければならなくなってしまいます。亜鉛不足にならないように普段の食事で補おうとすると、食事の内容が不自然なものになってしまいます。十分な亜鉛は普段の食事ではなかなか無意識で摂取しにくい栄養素ですが、サプリメントなら手軽に摂取できるのでおすすめですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

―ページトップへ―

 

 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立てるように情報を発信しています!
多忙なお仕事の心強いパートナーを目指しています☆彡

 

 

調剤薬局の薬剤師.com>>


 

よく読まれているページ

調剤薬局の薬剤師の為のサイト