MENU
※パソコンからご覧になられている方の中で画面が文字だけの場合、サイトデザインに対応できておりません。
その場合はお手数ですが【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で検索しスマートフォンでご覧ください。きっと役立つコンテンツ載せてます(^^

ドラッグストア併設調剤薬局で働く薬剤師のリアル転職体験談

 

千葉県在住
30代前半男性
調剤薬局からOTC併設

 

僕は薬剤師で転職を2回経験していて今3回目の転職を考えています。

 

初めての転職は調剤薬局からドラッグストア併設の調剤薬局でした。

 

職場の人間関係に苦労していて転職しました。

 

チェーン調剤薬局だったので、店舗を代えてもらうと言う選択もあったのですが、落ち込んだりもしていて、

 

いいや辞めよう・・・っと思いました。

 

初めての転職では、友達が勤めている企業を紹介してもらいました。

 

給料も良く(笑)転職を決めました。

 

 

しかし転職した先は薬剤師一人の店舗でドラッグストアの仕事もやりつつ調剤業務にもあたっていたので夜遅くまで毎日仕事もしていて、給料は良かったけどとにかく仕事が大変でした。

 

紹介してもらった友達には結果的に申し訳ないことになってしまったのですが、半年くらいでまた転職先を探し始める事になりました。

 

 

次に就職した企業は、転職先の探し方がわからなかったので有名な企業に直接申し込みをしました。

 

次の職場もドラッグストアが併設している調剤薬局です。

 

6年くらい勤めていて、現在の働いている会社なのですが、

 

ここも同じように仕事が大変でまた転職を考えています。

 

 

3回目の転職になるので慎重になっています。

 

次の職場は自分のスキルを活かせて、またそれが評価される職場にと考えています。

 

で転職サイトに2つ登録をしました。

 

 

2つ目の求人サイトに登録した理由

 

2つ目を登録した理由は、

 

よく調べずに初めに登録した某転職サイトのコンサルタントの対応があまりにも自分勝手だったからです。

 

登録した後の電話のやり取りで、転職先の資料が欲しいと希望を伝えたところコンサルタントの方と面談をする事になり、

 

出向いて〇〇〇会社を転職先の候補に考えていますと伝えたのですが、帰ってきたころにコンサルタントの方から電話がかかってきて、

 

 

相手の企業に伝えておきましたよ〜!!

 

 

っと言われました。

 

その時の面談では、サービス残業の実態とか、働きやすさとか、給料の事とか、具体的な話も期待して面談に出向いたのですが、結局こちらの希望は満たされない面談で、そしてこの電話。

 

 

正直はっ?っと思いあっけにとられ、

 

あまりにも勝手に決めようと思っている。こんなにトントン拍子で僕の大事な話を終わらせようとしていて、

 

人を人とも思っていないのか!?っと思いその対応からは、自分は残業が厳しい時期でしたが、転職したいと言う気持ちが一瞬吹っ飛ぶ程の嫌悪感を感じました。

 

 

で、良く調べて2つ目の転職サイトに申し込みをしました。次のコンサルタントの方は優秀な方です。
(^^)♪

 

 

良いコンサルタントに出逢えるかは運も関わってくる

 

転職会社には人がいっぱいいるけど、担当が決まると簡単には変更される事がないと思うから、運の要素もあると思います。

 

同じ転職会社の対応でも良い評価と悪い評価をする人に分かれるのはそのせいだと思います。

 

いくら良い求人の案件を持っている企業でも、それを提示するまでの人間(コンサルタント)に良し悪しがあるのです。

 

それに薬剤師の事を理解していなかったり、ドラッグストア、調剤薬局、病院などの現場の事をよく調べたり勉強していないコンサルタントは頼りにならないと思います。

 

 

なので転職サイトに申し込む時には、

 

専門性がある企業を選んで

 

多くの良い求人を持っていている企業を選んで

 

そして2つ3つの転職サイトに登録をして、優秀なコンサルタントを引き当てる努力が必要だと思います!

 

吟味してもハズレのコンサルタントにあたることもあるので、2つ、3つ、複数登録をして転職活動を始めると良いと思います。

 

 

ほぼ全ての主要な薬剤師転職サイト一覧

 

調剤薬局の外国人対応

丸一日かけて調べて集めたほぼ全部の薬剤師求人サイト一覧です。44社掲載しています! 

 

 

求人情報サイト一覧へ>>>


管理薬剤師になりたい人は薬局やドラッグストアの勤務を考えます。そして医薬品卸業企業との繋がりを大切にし薬機法についても熟知します。医薬品医療機器等の品質有効性および安全性の確保等に関する法律と長い名前の法律に変わりましたが、年収アップとは幅広いスキルをもって、メリットやデメリットも考えることができる人。だから年収アップやスキルアップが可能で手当の支給は求人の9割を越え年収650万円以上が可能です。 会議出席など経営に関連する業務や従業員の接客と情報提供はドラッグストアで働くため必須項目で、医薬品メーカーからの最新情報を得て近隣の医療機関や厚生労働省についてもサイトを持て勉強しておきます。 

業務の責任者であれば教育と指導を担当し、クレーム対応やマネジメントスキルも必要になります。コミュニケーションスキルを鍛えれば転職をする時に有利ですし、週40時間以上働くことで得られる資格は様々です。そして非常勤や派遣社員でも、管理薬剤師とは毎日顔を合わすことになり、管理薬剤師を経験するとチェック&サポートが理解できて医薬品情報(DI)のチェックや問合せに合わせてクレーム対応も兼任します。

関連記事

 

転勤なしの調剤薬局求人を探す?転勤薬剤師の憂鬱さ取る7つの考え方>>

 

転職薬剤師の為のとっておきの面接対策>>

 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立てるように情報を発信しています!
多忙なお仕事の心強いパートナーを目指しています☆彡

 

 

調剤薬局の薬剤師.com>>


よく読まれているページ

調剤薬局の薬剤師の為のサイト