調剤薬局の薬剤師が、良い結果を生む27の考え方
MENU

調剤薬局の薬剤師が、良い結果を生む27の考え方

1、仕事とプライベートのオンとオフの境界線は曖昧によう!

 

“好きこそものの上手なれ”と言う言葉があるように、

 

人生のうち大部分を占めてしまう仕事に対して、“我慢する時間”、“嫌な時間”と考えると良い結果を生みません。

 

仕事を好きになってみる努力をしてみましょう。

 

何かタスクを抱えている時は、プライベートの時間はいったん忘れて・・・っとは考えない。

 

常に課題は頭の隅に置いておく事で良い閃きを生み易く、ちょっとしたきっかけが引っかかり易くなります。

 

 

2、仕事は自分で見つける習慣をつけよう!

 

言われた事をやっているだけでは一人前とは言えません。

 

社会人として求められている人材は、言われた事以上に動く事のできる人材で、それでやっと評価を得る事ができます。

 

そして社会人になったら、他人のせいにしてはいけません。

 

口には出されなくても、他人のせいにするのが口癖な人の評価は下がります。

 

自立した考え方が大切です。

 

 

3、具体的な目標を設定し、その具体的な目標を書き出し、その具体的な目標を達成するための計画を立てよう!

 

理想像には強く望まなければ届きません。

 

書く事や書いたものを目にする脳への刺激は大きいので、強い願望は文字にする習慣をつけましょう。

 

 

4、優先順位をつけよう!

 

全てを終わらすことを考えると終わらず、結果終わらせなくてはならない事まで中途半端になってしまう事があります。

 

優先順位をつけ、やらなくて良い事を見極め、それは捨てる。

 

やらなければいけない事は、やる

 

やった方が良い事は、やらない

 

やらなくて良い事は、やらない

 

これで時間が作れます。

 

優先順位、効率、時間の有効利用は常に考えましょう。

 

 

5、その分野で確かなマニュアル本を熟読し、マニュアルを重視しつつ自分で考え機転を利かせ応用する事!不足分は補う事!

 

初めから独自路線を走ってしまうのは失敗する可能性が高いです、基礎は無ければいけません。

 

先人たちが築き上げた基礎がマニュアルなので、マニュアルを熟読し自分の基礎とした方が良いです。

 

また、マニュアルが全てでは無いとも考えておく必要があります。マニュアルはあくまでも“基礎”です。

 

 

6、90点の作業を100点にすることは難しく、100点にこだわる事は費用対効果が悪いと知っておこう!

 

100点を目指すよりは、他の点数の低い分野の点の底上げを行う方が総合点は上がります。

 

またそれらのある程度の点の技術がいつか繋がる事があり、いくつか80点、90点の作業を持っている事が100点以上の結果を生む事もあります。

 

しかし、“神は細部に宿る”と言う言葉もあるように、点の積み重ねが全てではありません。

 

“一流になる事”とは別の路線の考え方です。

 

 

7、準備万端にならなくても本番を始めてしまおう!

 

とにかく始めてしまう。

 

とにかくやり始めることの効果は、脳科学的でも実証されていて、

 

脳の側坐核と言う部位が刺激されると“やる気”が起きます。

 

“とにかく始めること”で、側坐核を刺激する事ができて、アセチルコリン(やる気を起こす神経伝達物質)を分泌させることができます。

 

“案ずるより産むが易し”と言う言葉もあります。

 

四の五の言わずに、とにかく始めてみてください。

 

 

8、完成しかけた仕事は一度寝かせよう!

 

少し余裕を持って進めて、ある程度のところで寝かせる時間を設けると完成度が高まります。

 

 

9、問題の原因が自分が想像しているものではない場合があると気づけるようにしよう!

 

思いつくこと全てを紙に書き出してみる事で、本当の原因が見つかり解決することがあります。

 

とにかく“実際に書き出す”と言う行動にはバカにできないすごい効果があります。

 

 

10、“苦痛を避けるため”と言う考え方を、“快適さを得るため”と言う考え方に変えてみよう!

 

苦痛を避けるためにと考えていると、仕事を先延ばしにしがちになってしまいますが、

 

快適な時間を得るためにと考えていると、仕事を早く終わらそうと言う気になれます。

 

怒られるからやらなきゃ・・・っと言う考え方では、仕事に向き合いたくないものですが、

 

早く終わらせれば飲みに行ける♪っと考えると、仕事に向き合い易くなります。

 

 

11、大きな目標の中に、小さな目標をいくつも設定しよう!

 

やる気を持続させる方法です。

 

あいだに小さな目標をいくつも設定する事が効果的です。

 

何かのタスクを達成すると、A10神経と言う神経が刺激されて、ドーパミン(快楽を感じさせる神経伝達物質)が分泌されます。

 

快楽を定期的に得ていた方が、結果的に前に進み易いです。

 

そして小さな成功の積み重ねが大きな成功を生みます。

 

 

12、実際に大きな仕事を目にした時は、大きな仕事は難しいものではなく、ただの小さな確認事項(タスク)の集合体だと考えよう!

 

大きな仕事でも細部を一つずつ押さえて行けば、達成する事は可能です。

 

その中でも、

 

◆計画性を持つ事

 

◆優先順位をつける事

 

◆一つ一つの確認事項(タスク)は綿密に熟す事

 

が大切です。

 

 

13、常に本質を見据えて、物事の優先順位をつける習慣をつけよう!

 

小さな悩みや問題や、誰かからのプレッシャーに心を全て支配されず、今一番大切な事は何なのか?

 

ブレてはいけない芯を持ちましょう。

 

14、快適さを追求しよう!

 

時間がたつほど嫌な仕事が大きくなる性格なら先に、

 

楽な仕事から始めて徐々に調子が出てきて手が出しやすくなる性格なら後に仕事をしましょう。

 

仕事を快適に、より良い結果で終わらせるために自分の性格を考えてましょう。

 

 

15、返事とお礼は先に済ましましょう!

 

頭に引っかかったまま他の作業をすると集中力が落ちます。

 

また、すぐに返信をした方が相手にも印象が良いです。

 

ただ、自分の時間を大切にすると言う考え方も大切です。

 

メールの返信に大事な時間はとられないようにしましょう。

 

 

16、1日が終わる前に翌日のやるべき事を箇条書きする習慣をつけよう!

 

頭の片隅に常にタスクを置いておくと言う考え方と同じですが、

 

前日に書いておくことで、翌日の作業がスムーズに進みやすいです。

 

 

17、集中できない騒がしい環境の中にいる時は、インプットには向かないので、アウトプットに使って集中しよう!

 

主に出先だと思いますので、ノートパソコンなどが無くても、スマホのメモ機能などを活用して書き出せば良いですね。

 

アウトプット例))やらなければいけない事を書きだす

 

アウトプット例))頭に入れたい事を書きだす

 

アウトプット例))書類を作る

 

など。

 

 

18、時間は“売られている”と言う発想を持とう!

 

大事な時間を捻出する考え方です。

 

例えば、早く移動するために電車やタクシーやバスを利用する。これは時間を買っています。

 

同様に、掃除や食事を作る時間など誰かに有料でも頼んだり買ったりすることで時間を作る事ができます。

 

有料コンテンツを利用するのも無料では手に入らない、手に入れるのに時間がかかる情報を買っていると言えます。

 

時間を買って、それ以上に利益を出す。

 

この考え方の方が、全てを自分でやってしまおうとするよりも生産性が高い傾向が見られます。

 

実際私が知っている年収数千万の一流ビジネスマンの人達は、外注を活用しまくって、時間を作り、より自分にしかできない仕事に費やし、費用以上の利益を上げています。

 

 

19、大衆と反対の事を考えよう。ピークからずらせる場合はピークを避けよう!

 

どうしてもピーク時にみんなと同じ行動をしなくてはいけない場合があります。またそこに情緒を感じる事もあります。

 

ただ、ピークはムダが多かったり、余計な費用や負担がかかることが多いです。

 

ピークには利益が薄い事が多いです。

 

多く利益を生む人は、大衆の目が向いていない事、向いていないタイミングを活用しています。

 

 

20、朝の頭が冴えている時間は大事な仕事を終わらせる時間に使おう!

 

脳が一番働く時間に大事な仕事は行いましょう。

 

一般的な生活リズムで生活している人の場合、

 

朝方4時くらいに体温は下降のピークを迎えます。

 

午後2時くらいに体温の上昇のピークを迎えます。

 

出勤してから午後2時くらいまでの体温が高いときが、一番人間の脳は冴えているタイミングです。

 

正確な判断をしたいなら体温が一番高いタイミングに。

 

逆に、誰かに鈍った判断をさせたい場合は、脳が疲れている夜がお勧めです。

 

デートとか。笑

 

 

21、一度調子が出たら、休憩を挟んで集中力を切らしたりしないようにしよう!

 

気持ちがのってるタイミングがあります。

 

そう言う時は、時間だからと言って無理して休憩に入らない方が良いです。

 

休憩してしまうと、その集中力はリセットされてしまうので、イケる時は行ってしまう。

 

そう言う時も、時には必要です。

 

 

22、息抜きできる時間は必要と考えよう!

 

色々と集中する話をして来ましたが、時には逃げる時間が必要な場合もあります。

 

リフレッシュできる趣味や時間の使い方は立派なものである必要はありません。

 

“立派な趣味”でリフレッシュできなければ意味がないのです。

 

大事な事は、本当に自分がリフレッシュできる趣味である事です。

 

自分の頭を空っぽにできる、リフレッシュできる趣味を持ちましょう。

 

 

23、散歩をすると閃きを得やすい。行き詰った場合は、外に出よう!

 

人間は体を動かしながらはネガティブな事を考えられないそうです。

 

歩く事はプラスな刺激を脳に与えるので閃きを得やすいです。

 

 

24、プラス思考になる事には効果がある事を知ろう!

 

プラス思考であると、

 

脳波がα派になりリラックスできます。

 

βエンドルフィンが分泌されて心地良さを得ます。

 

A10神経が刺激されてドーパミンが分泌されて感覚が研ぎ澄まされます。

 

海馬でタンパク質合成が盛んになり神経細胞が強固になります。

 

 

“楽観的”と言う意味では無く、
“自分はできる”と信じ込む事にはメリットがあると言う事です。

 

 

25、自分の事を優秀だと思った時点で成長が止まります。自分の能力を過信しないようにしよう!

 

常に謙虚に、周りの人や出来事に敬意を払う姿勢と学び続けようとする姿勢が大事です。

 

 

26、物事を覚える場合は、他の人に教える習慣をつけると良い事を知ろう!

 

“書く事”で物事はクリアになりますが、

 

これと同じで、
人に教えると言うのは、ぼんやりしている記憶がクリアになります。

 

復習にもなり、整頓させて記憶することができます。

 

 

27、批判は活用できるものを含むので、利用しちゃう意識を持とう!

 

聞く耳を持たないのではなく、批判を聞いて落ち込んだりイライラするわけでも無く、

 

批判の中から使える情報を得ましょう。

 

心無い批判は落ち込む事もあると思いますが、
そんな批判をも成長の糧に、賢い人は利用する事ができます。

 

 

 

以上、いかがでしたでしょうか?

 

全てがあなたの役に立つ情報ではないかもしれませんが、何か一つでも役に立つ情報が含まれていたら幸いです。

 

自分の性格と照らし合わせて使える情報は活用してみてください!

 

良い結果を生む27の考え方

 

 

― もどる ―

 

 

 

 

 

もっと情報が必要な場合、

 

▽続きや他の役立つ情報も書いているので、ぜひトップページからも参考にしてみてくださいませ。

 

調剤薬局の薬剤師.com サイトトップへもどる

サイトトップへ

調剤薬局 薬剤師 年収

調剤薬局で働く薬剤師さんに有益な情報を集めて載せています

 

 

その他の情報

 

転職支援サイト一覧