MENU
※パソコンからご覧になられている方の中で画面が文字だけの場合、サイトデザインに対応できておりません。
その場合はお手数ですが【 調剤薬局の薬剤師ドットコム 】で検索しスマートフォンでご覧ください。必ず役立つコンテンツでお迎えいたします(^^

在宅なしの調剤薬局へ 薬剤師が考える上手な転職

在宅なしの調剤薬局へ 薬剤師が考える上手な転職

 

 

在宅なしの調剤薬局へ

 

“在宅医療”と言う言葉を聞いたことはありますか??

 

ドラッグストアで働いている方には馴染みが薄いかもしれませんね。

 

病院薬剤師さんは勿論知っていますね。

 

調剤薬局の薬剤師さんにとってはトレンドワードかもしれません。

 

 

医療費や高齢化の問題を背景に、病院での療養から、患者様のご自宅で療養をされる“在宅医療”への転換が進んでいます。

 

 

 

この在宅医療への、調剤薬局の薬剤師さんの参加が必要になっています。

 

 

在宅医療へ調剤薬局の薬剤師さんの参加が必要になっている理由

 

理由の一つは、

 

現在、在宅で治療を受けられている患者様の薬の管理の多くを、看護師さんが担当している事。

 

看護師さんは立派な医療従事者ですが、薬の管理ならば薬のプロの薬剤師さんが担当した方が良いですね??

 

医師の立場で見てみると、患者様の服薬状況や薬の効果や副作用についての情報が得られる事、それに加え薬剤師さんから処方提案まで受けられる事はメリットです。

 

看護師の立場で見てみると、専門分野を一歩飛び出たお薬の管理と言う役割なのですから、これを薬剤師さんが担当してくれれば不安や負担から少し解放されます。

 

患者様にとっても、薬の専門家が薬を管理してくれるのです。

 

◆誤飲の防止や飲みやすさの提案

 

◆薬の効果や副作用についての説明を受けられる事

 

◆飲み忘れが防げる事

 

もちろんメリットは多いです。

 

 

2016年4月の診療報酬の改定でわかった方針

 

2016年4月の診療報酬の改定では、“かかりつけ薬剤師指導料”と“かかりつけ薬剤師包括管理料”が新規算定要件として加わりました。

 

これは在宅医療と密接に関わっており、次の診療報酬の改定以降は更に、調剤薬局で働く上で大きな割合を占める業務になっていくはずです。

 

かかりつけ薬剤師の資格を得るためにはいくつか条件を満たす必要があります。

 

条件

 

◆薬局での勤務経験が3年以上である事。

 

◆ひとつの薬局に週32時間以上勤務している事。

 

◆今の薬局で半年以上働いている事。

 

◆研修認定薬剤師の資格を取得している事。

 

◆地域の医療イベントに参加経験がある事。

 

◆条件を満たし、地方厚生局に届けを出す。

 

 

現在の調剤薬局では、

 

在宅業務を行っている薬局と、

 

在宅業務を行ったことの無い薬局に分けられるわけですが、

 

もし仮に、在宅業務の無い調剤薬局で働きたいと思っているのならば、

 

また、かかりつけ薬剤師になる必要のない薬局を探している場合

 

在宅業務をすでに行っている薬局に転職する事をオススメします!

 

 

在宅業務をすでに行っている薬局に転職する事を進める理由

 

理由は、

 

近い将来どの調剤薬局も患者様を一人の薬剤師さんが担当したり、在宅業務を行うようになっているはずだからです。

 

日本の状況、時代の流れからして目に見えていますし、診療報酬もかかりつけ薬局でなかったり在宅業務を行っていない場合はかなり苦しい内容になっていくはずと推測されます。

 

調剤薬局は今転機を迎えようとしていて、この流れには絶対に乗らなくてはいけないのです。

 

 

 

調剤薬局の薬剤師さんが在宅業務を行う事のメリット

 

 

調剤薬局の薬剤師さんが在宅業務を行う事で考えられるメリットは、

 

◆医師や看護師さんやケアマネージャーさんなどの助けになる。

 

◆患者様の誤飲、飲み忘れを防ぐことができる。患者様に薬に対する不安があればそれを減らすことができる。適切な処方提案を医師に行う事ができる。

 

◆残薬を減らす事により大きな医療費の削減につながる。

 

などが考えられます。

 

 

在宅業務を行う薬剤師さんに必要なスキル

 

 

在宅業務を行う薬剤師さんに必要なスキルには、

 

◆処方薬の知識

 

◆介護業務の知識

 

◆サプリメントや市販薬や介護用品に関する知識

 

◆医療従事者とのコミュニケーション能力

 

◆患者様とそのご家族の方とのコミュニケーション能力

 

などが必要です。

 

 

 

 

かかりつけ薬剤師さんの資格を得るまでは簡単です。

 

しかしそこからが大変です!

 

担当する患者様を見つける事や在宅業務を実際に行わなければなりません。

 

どうせその方向に進まなければならないのであるなら、すでにその業務を経験している薬局に転職するとスムーズに経験値と知識を得ることができます。

 

 

いずれ経験する事になるのですから、この転換期をスムーズに乗り越えましょう!

 

 

年収交渉など、採用条件を高待遇にするには大手の転職サイトのサポートを利用がお勧めです!

 

 

 

 

 

 

<

薬剤師転職サイト一覧

調剤薬局の外国人対応


 

調剤薬局の薬剤師さんに役立つサイト

調剤薬局の薬剤師の為のサイト

調剤薬局で働く薬剤師さんの役に立つ情報を発信しています
大変なお仕事の心強いパートナーを目指しています

 

 

調剤薬局の薬剤師.com>>


 

関連ページ

調剤未経験の薬剤師の転職、成功させる秘訣は?
調剤薬局への薬剤師の転職 すぐに決まる方法
有給消化中でも転職したい薬剤師、その方法は?
薬剤師の転職 自己都合でも失業保険は受給できる?
薬剤師の転職 認定薬剤師の資格が優位に働くケース
認定薬剤師の資格が無いと調剤薬局の転職は不利?
かかりつけ薬剤師経験あり、好条件で転職可?
ドラッグストアから調剤薬局への転職は、薬剤師にとってどう?
病院薬剤師の転職 調剤薬局ではうまくやれる?
薬剤師の求人は派遣調剤が熱い!
薬剤師の転職は、研修認定薬剤師の資格ある人が有利!
どうして薬剤師の転職は在宅経験ある人が有利?
薬剤師の転職では、派遣社員を一度挟むと良い理由
薬剤師で年収1000万円を越える方法
研修認定薬剤師の取得費用負担できる調剤薬局は?
調剤薬局から病院へ転職する薬剤師が注意すべき点
年収800万円を調剤薬局で越える方法 薬剤師の転職
調剤薬局で薬剤師が派遣で働くメリットと言えば?
調剤薬局で派遣で働く薬剤師のデメリットとは?
調剤薬局の薬剤師 円満退社のコツ
評判の良い薬剤師転職支援サイトは?
お勧めの薬剤師転職相談サイトは?
調剤薬局の薬剤師 印象の良い退職理由リスト
製薬会社の薬剤師MRがドラッグストアに転職した話
マイナビ薬剤師の評判は?【薬剤師の転職支援】
薬剤師転職ドットコムの評判【失敗しない転職】
薬剤師転職ドットコムの満足度は?
OTC薬剤師から調剤薬局への転職で注意する点は?
ファルマスタッフの口コミ〜勇敢な薬剤師の転職〜
ファルマスタッフの評判 〜勇敢な薬剤師の転職〜
ファルマスタッフの満足度 〜勇敢な薬剤師の転職〜
北海道函館市の薬剤師求人情報【調剤薬局の薬剤師ドットコム】!
調剤薬局で働く薬剤師の平均年収
病院で働く薬剤師の平均年収
ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収
調剤薬局の管理薬剤師の責任と仕事内容について
マイナビ薬剤師の体験者によるリアルな評判
マイナビ薬剤師のリアルな口コミ
マイナビ薬剤師の実際の満足度
マイナビ薬剤師で転職したくなる病院の求人を検索
マイナビ薬剤師を活用して上手に病院へ転職
マイナビ薬剤師で人気の調剤薬局の求人を検索
マイナビ薬剤師を活用して上手に調剤薬局へ転職
マイナビ薬剤師でドラッグストアの人気の求人を検索
マイナビ薬剤師を活用してドラッグストアにおいしく転職
マイナビ薬剤師で製薬会社の中途採用求人情報を発掘
マイナビ薬剤師を活用して製薬会社に華麗に転職
マイナビ薬剤師で製薬メーカーの中途採用求人情報を得る
マイナビ薬剤師を活用して製薬メーカーに華麗に転職
マイナビ薬剤師で高額派遣の求人を発掘
マイナビ薬剤師で見つける治験の求人情報
マイナビ薬剤師でCRAの求人情報を得ると言う選択
マイナビ薬剤師でCRCの求人情報を得ると言う選択
マイナビ薬剤師で治験業界に華麗に転職
マイナビ薬剤師の特徴をズバリ!
マイナビ薬剤師で見つける有り難いパートの求人情報
マイナビ薬剤師の体験談の一覧を拝見
マイナビ薬剤師が選ばれる納得の理由
マイナビ薬剤師を選ぶこれだけの理由
マイナビ薬剤師の登録者の経験談抜粋
マイナビ薬剤師の非公開求人の質を確かめる方法
これぞ薬剤師のための楽な転職サイト
薬剤師におすすめの転職活動方法
新卒の薬剤師の為の病院の募集・求人について
薬剤師が求人を探すときのワンポイントアドバイス
面接にて質問の的を得た答え方をする方法
面接試験での受け答えの基本