病名を言いたくない人への配慮がほしい
MENU

病名を言いたくない人への配慮がほしい

 

 

40代後半の山口県に住む主婦です

 

 

持病が多くあり病院に数軒通っており

 

調剤薬局も数軒通っています



 

患っている病気の一つに癌があり、その事で調剤薬局の対応に疑問を感じています。

 

数軒通っている調剤薬局の中で、1軒だけお薬手帳を見てこの薬は何の病気で飲んでいるんですかと聞いて来る薬剤師さんがいます。

 

癌を患うまでは、抵抗感なく答える事が出来ました。

 

しかし癌を患ってから、多くの人が待っている調剤薬局で薬剤師さんに患っている病気を答えるのに抵抗感を感じます。

 

 

癌を患ってからあまり時間が経っていないせいか、自分の中で病気を受け止めるのが精一杯で出来るだけ他人に知られないようにしています。

 

癌の薬を処方してくれる、調剤薬局では病名を口に出さずに説明をしてくれます。

 

薬剤師さんが職業上、病気の事を把握しておかなければいけないのは分かります。

 

しかし、逆に薬剤師さんならお薬手帳に書かれている薬名を見れば何の病気か察してくれる事は出来ないのだろうかと思います。

 

また、病名を聞くにしてもこっそり聞くとかして他の人に病名が分からないように配慮してほしいと思います。

 

私のように病名を言いたくないと思う人もいるはずですから、その点を配慮してほしいです。

 

 

 

サイトトップへ

調剤薬局 薬剤師 年収

調剤薬局で働く薬剤師さんに有益な情報を集めて載せています

 

患者さんが思っている事リスト

調剤薬局の薬剤師に望む患者様の意見 口コミ

調剤薬局の薬剤師に望む患者様の意見や口コミ、全国からアンケートを集めています

 

関連ページ

薬剤師さんにはプライバシーに注意深く配慮してもらいたい
病院と調剤薬局でのプライバシー保護の違いについて
定期受診で薬の内容が変わらない場合にして欲しい対応
プロの知識で安心感を、また薬の素人に対する気遣いが欲しい
ジェネリック医薬品変更に対する薬剤師さんの本気度は?
待合室の快適性や安全性についても気を配って欲しい
薬局にはどういう人が来ているのか?対応には頭を働かせてほしい
商品棚からも患者は薬剤師さんの意識を感じとっている
投薬時の提案や説明が父に伝わっていません
雑誌、キッズコーナー、ブランケット、お薬の準備完了メールサービスなどを希望
薬剤師さんに必要な社会常識、モラル、そして弱者への優しさ
どこの処方箋でもOKですという掲示も、ちょっと考え物
新米ママですが、不安が解消できてありがたいです
“長い期間飲んでいるので大丈夫です”は薬局側への配慮です
私が門前薬局からドラッグストア併設の調剤薬局に移った理由
患者の気持ちを理解しようとする心を薬局の薬剤師は忘れてはいけない
10分の間に感じた2つの調剤薬局の大きな差
薬剤師の必要性を見直してほしい
繰り返し記入させられる問診票は改善できないものか?
受付でお薬手帳を渡さないのには意味があります
発作時用の薬には使用期限を書いて欲しい
薬の事をしっかりと教えてほしい
待ち時間とか薬をもらう場所とか料金の事とか
お薬手帳を持参する意味を詳しく教えてほしい
薬局の薬の備蓄状況が検索できるシステムがあれば便利だと思いました
備蓄の事や対応の違いの事など
久しぶりに調剤薬局を体験し、ありがとうがこぼれました
調剤薬局の訪問のみで薬を受け取ることができる仕組みがあると助かります
薬が処方される順番が何度も前後する事について